カタツムリ系@エンタメ・レビュー集

映画・動画・本の印象を友人に語りかけるように書きためてます。映画は、おすすめポイントと大好きなカットに焦点。

【ザ・エージェント】起業は大変そう。。。

こんにちは、カタツムリ系です🐌

 

またまた、若きトム・クルーズの、体当たり演技が見られる作品。

 

日本も起業社会に、ちょっとずつ移行していて、より、親近感湧くかも。

 

でも、日本でも「自営業」って言葉があり、昔から、独立してやってらした方はたくさんいた筈。

 

そんなこんなで、トム・クルーズも、独立の道へ。日本も来年オリンピックの主催国ですが、スポーツ・エージェントの仕事です。

 

スポーツ代理人(すぽーつだいりにん)とは - コトバンク

 

 

おすすめポイント
 

アメリカン・ドリームは、そんなに

    優しくない    

     →情熱をかけて仕事をする分、仕事相手にも

         情が移ってしまうのは、そんなに変な

         ことでない筈。

 

          でも数字至上主義になれば、経営陣らは          

          アスリートも数字にしか見えないよう。

          トム・クルーズ演じるマグワイアはガン

          ガン理想を経営陣にぶつけます。

 

          見方によれば、安っぽい理想主義に

          映りかねないシーン。でも、そこは

          トム・クルーズ。青臭さを、はじける

          情熱で、うまく料理。

 

②野心満々の主人公が、若いトム・クルーズ

    ダブります

      →先の経営陣への談判も、もっともっと

          登りつめるという野心あってこそ。

          恐らくはトム・クルーズ自身がさっぱり

          した人なのか、そんな野心もいやらしく

          見えないのは、演技力もせいでもあり

          お人柄にもよるのでしょう。

 

③古風な日本女性風に三歩下がるアメリ

    女性は、こっちが気の毒に思えてきます

    →トム演じるマグワイアの奥さん。   

        マグワイアを尊敬しているゆえだとは

        思います。

 

        ただ、もともと、謙虚なオーラを

        纏っていない人が、謙虚な人を演じると

        滑稽なものですが、ここでは、ただ、

        可哀想。あれ、もしかして高い演技力?!

 

 

トリセツ)

私こと、カタツムリ系的に「ここだ!」と

いうところを、スナップ・ショット的に

ピック・アップしていきます。

 

なので、必ずしも、全体を丁寧に網羅

しないことも💦

 

 

ざっくりした紹介

 

トム・クルーズ演じるマグワイアは、有能なスポーツ・エージェント。

 

アスリートを個人としてリスペクトせずに、高価な年俸がすべてという会社の方針に疑問。

 

改善案をだしたところ、優秀だったはずの彼ですが、あっさりとクビに。あれ?

 

彼に好意を抱き、彼の提案にも共感をする同僚ドロシー(ルネ・ゼウィルガー)と共に会社設立。

 

仕事に邁進するが、どこか、心にポッカリ穴が。

 

ザ・エ?ジェント (字幕版)

ザ・エ?ジェント (字幕版)

 

出典はアマゾンさん。

 

 

やめる時のタンカ

理想に燃え、アスリートのために良かれ、会社のために良かれ、と思った提案がキッカケで、あっさりクビに。

 

優秀だという自負もあったでしょうから、辞める時は、俺はやってやる!という、威勢いいタンカが。そして、いま決断すれば、自分が今後立ち上げるであろう会社に雇ってやる!と。

 

直球で勝負している人の、清々しい振る舞い。

 

激しくシャウトするトム・クルーズ

 

顧客たるアスリートも、自分の生活がかかっています。エージェントにも、自分への忠誠を誓ってほしいもの。

 

しかし、そこはスポーツ選手だから?か、かなりストレート。ひたすら、電話越しに、大声で確認させます。

 

しかも「金を見せろ!」と。

 

トム演じるマグワイアも、何度も何度もシャウト。そう、シャウトします。

 

もちろん、顧客たるアスリートの希望に沿っているのですが、まるで、どこまで耐えられるか自分を試しているように見えます。

 

 

悩むトム・クルーズの後ろ姿

 

そう、愛こそすべて、と悟る瞬間。少し、打ちのめされたようにも見えるトム。

 

ずっと耐えてきてくれた奥さんと、ほぼ初めて向き合う彼。

 

そして彼は言います。「君が僕を完全にする」。そう、愛こそすべて。

 

 

また、次回。

 

#トム・クルーズ

#ザ・エージェント

#ルネ・ゼウィルガー

#スポーツ・エージェント

#アメフト

#ネットフリックス