カタツムリ系@エンタメ・レビュー

映画・動画・本の印象を友人に語りかけるように書きためてます。映画は、おすすめポイントと大好きなカットに焦点。

【ボーン・アルティメイタム】愛国心発、ノマドライフ経由、地獄行💦

こんにちは、カタツムリ系です🐌

どうしても、救いが見えないボーン。  この作品は本当に救いとか、カタルシスがありません。最愛のマリーを失いつつも、自らの本能がボーンを行動に駆りだします。 

とにかく、失速するまで、パワー尽きるまで、疾走するしかなさそうです💦前向きな若者にとっては、地獄でしょう💦

 

 

 

おすすめポイント

①途切れないフラッシュバック

    →第一作目から、フラッシュバックに

        悩まされる、マット・デイモン演じる

        ジェイソン・ボーン。かなり頻繁。

フラッシュバック現象(フラッシュバックゲンショウ)とは - コトバンク

        実体験としてはわかりませんが、イメトレ 

        では、もはや廃人状況か、と。

②ブラックブライアー作戦の位置付け

   →先の「トレッドストーン」作戦というネー

       ミングもちょっと意味が分かりにくい。

       直訳すると、踏み石作戦?!誰かを出し抜

       こうという意図はよく伝わりますが、その

       分、意味を分かりにくくしている?!

      今度の「ブラックブライアー」作戦は、

      トレッドストーン作戦の後継となるよう

      ですが、 相変わらず聞きなれない言葉。

      辞書で調べると「黒い薔薇」という意味

      らしい。急にセンチメンタル。  

 

トレッドストーン作戦を終わらせ、ブラックブライアー作戦にアップデートさせたCIA上官アボットのねじれた魅力

    →見た目はかなりオジサンだし、数度の 

        離婚や長期の海外生活で、かなり私生活は

        壊れ気味の人。

        彼から滲み出る、プライドやら長年の

        苦労やら所属組織への苛立ちやら

        壊れがちな私生活やら。。。。

        彼は、澱んだ水たまりのように、濁った

        雰囲気を伝えます。

        明らかに年老いた人間の嫌な部分を

        まざまざと見せますが、不思議と、  

         作品全体に、そんなに人生急ぐな、と

         いったストッパーのような意味合いを

         醸し出します。

         ストーリーがキラキラだけに、不思議な

         アクセントに。

         ちなみに、彼の名前アボットとは、修道

         院長の意味💦名前負け?皮肉?

 

トリセツ)

私こと、カタツムリ系的に「ここだ!」というところを、スナップ・ショット的にピック・アップしていきます。

なので、必ずしも、全体を丁寧に網羅しないことも💦

 

作品紹介

CIA内部で進行していた暗殺計画トレッドストーン作戦は、内部の者の暴走であることを、明らかにしたボーン。

しかし、まだCIAに追われているよう。

トレッドストーン作戦は闇に葬られたはずなのに、ブラックブライアー作戦があとを引き継いだよう。

その作戦の真相を明らかにするべくボーンが動く過程で、彼自身の、あまり歓迎できない過去にもアクセスすることに。

一連の事件の裏にいる人物をついに突き止め、この事件も、そして自分探しにも終止符を打つべく、ボーンは最後の勝負にでます。

出典はアマゾンさん。

 

CIA内部調査班パメラ・ランディ(女性)の男前具合

キレキレの頭脳とキレキレの行動力だけでなく、信念の人。

どう考えてもボーンは怪しいのに、一人、彼は復讐ではなく、なにかを探しているのだ!と主張する潔さ。

さらに、一連の事件の真犯人にリーチした際、証拠の保全を最優先するあたり、役職であり、また、やや鋭い顔つきもあることながら、その男前具合に感服。

 

CIAマドリッド駐在ニッキーの、謎の献身

置かれた環境から仕方ないとはいえ、人をやたらと疑うボーン。もっとも、毎回、その推測は正解ですが💦

そんな彼が、何故俺を助けるのか?とニッキーに尋ねます。「あなたは”すべて”忘れてしまっているから、扱いにくかった」、と。二人は付き合っていたかのような深みをもつ顛末。

謎に謎が続く、このシリーズですが、珍しく、ホンワカ、そして、分かりやすい手がかりを与えてくれます。辛いノマドライフの、ほぼ唯一の救い💦

 

ノマドライフの終着点。自分探しの終焉。ボーンは誰?!

国の行く末を憂えるがゆえの、このトレッドストーン作戦、そしてブラックブライアー作戦。

暗殺計画。ボーンは、そんな憂国の志に共感した兵士だったよう。マリーとの出会いに始まり、マリーの死にも直面することになった、一連の苦難。ある種、彼も共犯でした。後味は悪いことですが、ほんの少しだけ、救いが用意されてます。。。

 

それは、本編で是非。

 

また、次回

 

#ボーン・アルティメイタム

#ジェイソン・ボーン

#マット・デイモン

#CIA

#スパイ

#ノマドライフ