カタツムリ系@エンタメ・レビュー

映画・動画・本の印象を友人に語りかけるように書きためてます。映画は、おすすめポイントと大好きなカットに焦点。

【007/慰めの報酬】腕時計はオメガ😊車はアストンマーチン😊お悩みボンドと男前過ぎるボンドガール💦

こんにちは、カタツムリ系です🐌

前作「カジノ・ロワイヤル」で格好良すぎるスタートを切った、ダニエル・クレイグ演じる新生・ジェームズ・ボンドやや老け顔も気になりましたが、左手の高級時計オメガが本作でもキラリと光ります。環境問題もクローズアップされつつ、なにより、まったくボンドになびかないくせに、ボンド・ガールのオルガ・キュリレンコ演じるカミーユが、格好良過ぎ💦

 

 

おすすめポイント   

①石油漬けで殺される、女性エージェント・フィールズ

    →ボンドに好意を持った女性はどうしても不

       幸になるよう。なんと、石油漬けという趣

       味の悪いやり口。そう言えば、ショーン・

       コネリー主演の「ゴールドフィンガー」↓

       でも、金粉まみれで殺される女性がいまし

       た。優雅な美女のエグい伝統💦

主演はアマゾンさん。

 

②宿敵ミスター・ホワイト。老獪(ロウカイ)

    →ボンド最愛の女性、ヴェスパーとつながる

       謎の男、ミスター・ホワイト。前作の最後

       でとらえて、今回は逃すことに。今後の作

       品でも登場するキャラクターですが、そん

       なに派手な人ではありません。そういう意

       味では、陰キャラとしての役割を徹底して

       いる、注目の存在。

 

③最愛の女性、ヴェスパーの面影

    →そんなに、あからさまではありません。し  

        かし、ところどころに、言及されるヴェス

        パー。例えば、老スパイ・マティスとの航

        空機の中での、何気ない会話とか。スーパ

        ーマンという存在を捨てた「人間」ボンド

        が、より一層「人間」になる瞬間。

 

トリセツ)

私こと、カタツムリ系的に「ここだ!」というところを、スナップ・ショット的にピック・アップしていきます。

なので、必ずしも、全体を丁寧に網羅しないことも💦

 

作品紹介  

MI6内での裏切り者が残した、手掛かりとなる紙幣。その紙幣は前作で登場したル・シッフルの違法取引に使用されたものであることが確認されます。

その手掛かりを手始めとした探索は、CIAによる、ボリビアの天然資源の採掘利権の裏取引を嗅ぎつける事態に至ります。その裏取引はボリビアの政権争いにも深く関係していました。

現在は失脚中だが政治的復活を目論む将軍。その将軍との対等の取引を展開するビジネスパーソン。彼らの悪だくみを断ち切るため、奔走するボンド。

出典はアマゾンさん。

 

老スパイ・マティスの、練り込まれた味わいと意外なかわいさ。そして、サムライ的な最後の瞬間。

老スパイ・マティスは前作で、ボンドに疑われ、拷問を受けたよう。しかし、彼を許す度量の持ち主。同行するチャーターされた航空機のなかでは、不眠のボンドを案じる気遣いも。しかし、ボリビアでの事件で致命傷を受け、ひっそりと命を落とそうとしている時、ボンドに抱いていてほしい、と頼む彼。泣き言を言わぬサムライの見せる、かわいさ。いじらしさ。

 

Quantum of Solaceという意味深なタイトル

「Quantum(クォンタム)」とは、物理学で使われる名称。全ての物質は、粒子であり、波であるという、摩訶不思議な存在を意味する「量子(リョウシ)」のこと。直訳すれば、「慰めの量子」。

  •    「慰め」という人間的な行為と
  •    「量子」という人間を構成する、人間の一部ながら、ある意味「非・人間的な」振る舞いをする存在

とのコラボ。不思議な空間を醸し出させる、素敵な言葉のチョイス。

 

文句なしの、ドキドキ・スリル満点のカーチェイス

まず、アストン・マーチンのエンジン音が小気味よい。AIの登場で、人間による、クルマの操縦能力の役割は小さくなりつつ感あります。さらには、クルマ自体の人気も落ちてきたように感じています。しかも、私自身が、そんなにクルマ・フリークではありません。しかし、しかしです。海岸沿いの曲がりくねった、そして長く続く道での、迫真のカーチェイスは、本編から独立させても、十分観れます😊

 

閑話休題ローワン・アトキンソン主演の「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬」

例のミスタービーンの役者さんが、本作のパロディ?に出てます。MI7所属(本当はMI「」までしかないよう)、そして、一旦解雇された後復帰すると、MI7は日本の東芝に買収されていたという、なんともデタラメな設定。嫌いじゃないありません💦

ミスター・ビーン・DVD大全集

ミスター・ビーン・DVD大全集

 

いずれも、出典はアマゾンさん。

 

また、次回

 

#慰めの報酬

#ジェームズ・ボンド

#007

#ダニエル・クレイグ

#オルガ・キュリレンコ

#ショーン・コネリー

#ミスター・ビーン

#ローワン・アトキンソン