カタツムリ系@エンタメ・レビュー (ポップ・サイエンスはデフォルト)

映画・本・動画といったエンタメのレビューを友人に語りかけるように書きためています。映画は、おすすめポイントと大好きなカットに焦点。本や動画でポピュラーサイエンスやオカルトをエンタメとしてカバーしているのも特徴。

【ロウソクの科学】ハリーポッターのような科学者。古き良き時代の科学の美しさ。北原白秋の詩も😊

こんにちは、カタツムリ系です🐌

今回は、ムー民(月刊ムーの愛読者を、こう呼んでいるそうです)でさえ、あまり馴染みがない本もしくは筆者かもしれません。

筆者のファラデーさんは18-19世紀のイギリスの科学者。いまの科学の基礎を切り拓いたといっても、そうそうは反論されない人。

ファラデーとは - コトバンク 

それにしても「ロウソクの科学」。なんてステキなタイトルなのでしょう。

ファラデーさんが始めた、こうした「ロウソクの科学」のような子供さん向けレクチャーですが、いまでも英国BBC放送でクリスマスに実施されている、子供向けにサイエンスをレクチャーする番組として伝統が受け継がれているそうです。人格者でもあったよう。

こんな方もいらっしゃるのですね。。。自分のことは棚に上げますが、尊敬できる人って、素敵ですねぇ。

そんなファラデーさんが子供向けに行った講演を本に起こしたもの。なんか優しくて、ほのかに知性が感じられて、やっぱり未来を信じている。そんなクリスマスにぴったりな雰囲気を、なんと科学トピックで実現させている人!!

ロウソクの科学 (岩波文庫)

ロウソクの科学 (岩波文庫)

 

出典はアマゾンさん。

 

————————————————————————

【目次】

————————————————————————

なんだかハリーポッター的世界観に似ています🧙‍♂️🧙‍♂️🧙‍♀️

現代物理のように、

  • 多元的宇宙とか
  • 時間も長さも光速に近いと縮むとか
  • 光も曲がるとか

人々を驚かすような刺激的なことは一切話されません。

とはいえ、電話やテレビなどはなかった時代。

ロウソクの変化を一つ一つ解き明かしていくファラデーさんの話す内容は、きっと、魔法に近い新鮮さがあったはず。

なんだか、上品な魔法使いに、優しく説得されているような。

ビュンビュンと、ホウキで飛ばないハリーポッター的ワールド。

  

北原白秋の詩を思い出します

北原白秋という戦前の詩人を覚えていますか。

北原白秋(きたはら はくしゅう)とは - コトバンク

「物理学校裏」なんていう詩を残してます。ここでも、ハリーポッター的な、上品だけど、とこか怪しく、そして魅力的な世界観を打ち出しています。

一部引用。

Borum. Bromun. Calcium.
Chromium. Manganum. Kalium. Phosphor.
Barium. Iodium. Hydrogenium.
Sulphur. Chlorum. Strontium. ……
(寂しい声がきこえる、そして不可思議な……)

日が暮れた、淡(うす)い銀と紫――
蒸し暑い六月の空に
暮れのこる棕梠の花の悩ましさ。
黄色い、新しい花穂(ふさ)の聚団(あつまり)が
暗い裂けた葉の陰影(かげ)から噎(む)せる如(やう)に光る。

ね、魔法の呪文のようです💦

歴史や哲学などの人文系と違って、理系の本で、昔のものを読む機会は少ないようですが

素人の私が読んでも、如何に子供さん向けとはいえ、本書はあまりに素朴な内容(とは言え、私が完全に理解できているかは別問題)。

翻訳者の方の力量もあろうかと思いますが、その語り口の上品なこと、子供さん向けとは言いながら、静かなリスペクトを感じること。  

素敵です。   

だから、この本は、理系の内容を含みつつも、上質な歴史絵巻に仕上がっています。

 

大規模な実現設備は無いものの、自然の不思議に真摯に向かい合う、オリジナルの「サイエンス」を感じます   

まるで学校の理科の実験🧫🧪さながら。   

だから、やや退屈な部分もありますが、例えば、  こんな下り。

P-21

テーマとして「ロウソクの科学」を選びました(中略)もし私の好きなようにテーマを選べるなら、ほとんど毎年くりかえしてこのテーマを取り上げたいと思うほどです(中略)宇宙のすべてを支配する諸法則の中で、ロウソクが燃える現象に何らかの役割を果たしていないもの、また、何らかの関係を持っていないものはありません。

ロウソクといった、あまりに一般的なモノに潜む自然の不思議に、飽くなき探究心でむかっていくスタンスが感じられませんか?

科学者の中の科学者という風に感じています😊

ちなみに、このファラデーさん。高等教育は受けていないのだとか。科学の申し子と言えましょうか。こう書くと、鉄腕アトムのようですが💦

 

最後に

科学のトピックですが、筆者ファラデーさんのお人柄なのでしょう。ほっこりします😊

 

また、次回。

 

#ロウソクの科学

#ファラデー

#ムーチューブ

#オカルト

#三上編集長

#宇宙人

#世界征服

#フリーメイソン

#地底人

#陰謀論

#UFO

#超能力

#UMA

#超科学

#超古代文明

科学界のインディ・ジョーンズが語る極限生物【辺境生物探訪記①】微生物の多様性からすれば、人間と酵母は兄弟レベルの近しさ💦

こんにちは、カタツムリ系です🐌 

長沼教授という広島大学の生物学の先生がおられます。生物学専門なんですが関心がそこにとどまらず、宇宙飛行士の試験も受けられたことがあるとか。そして、まさにポピュラーサイエンスにも注力されています。

専門の生物学では南極はもちろん、世界の辺境ばかりを探索されるので、脳科学者の茂木健一郎さんに「科学界のインディ・ジョーンズ」というニックネームをつけられた方です。

インディ・ジョーンズ」につき念のため↓

そんな活動的な方の著書↓、正確には、メインの語り手の一方として参加されています。会話形式だけに、親しみやすいポピュラーサイエンス本に仕上がっています😊

辺境生物探訪記?生命の本質を求めて? (光文社新書)

辺境生物探訪記?生命の本質を求めて? (光文社新書)

 

出典はアマゾンさん。

————————————————————————

【目次】

————————————————————————

(ページネーションはkindleでの表記に従います)

 

地球は微生物の星

No.219を編集

共通祖先から生物は大きく三つに枝分かれ。

なお、最後のユーカリアに、

  • 微胞子虫
  • ベン毛虫
  • 動物
  • 植物
  • カビ

が含まれる。

知識がないので確かなことは言えません。しかし、さすがに、微胞子虫やベン毛虫が、人間とおなじユーカリアとカテゴリーというのは、あまりに強引な気もしますね。バクテリアとの方が親和性あるように思えます。そう言えば、鳥は恐竜の子孫というし、生物学者による、かなりマニアックな分類の一例のような気もしないでもありません💦

いえいえ、バクテリアアーキアは哺乳類(真核生物)から遠いのです

No.212

真核生物には(中略)人間もゾウもキリンも虫けらも、全部そこに入る(中略)バクテリアとかアーキアは、もう全然違った生き物なんだ(中略)その違いから見たら、人間と酵母なんて兄弟に等しい

はは。面白い。人間と酵母は兄弟レベルなんですね。とするも、だいたい想像はつくものの、地球には恐ろしく多様な生き物がいるはず。

No.219

本当に多様性を知りたかったら、もっと小さいものを調べろと思う。

さらには

No.226

動物とか植物が何百万種もいるのに、バクテリアは今までにせいぜい500種しか知られていない。アーキアもそれほど多くないんだ。それなのに多様性はものすごい。

「種」は少ないけど「多様性」はすごいというと、分かったような分からないような気がしますが💦

No.226

われわれみたいな多細胞生物になり、さらにいろいろと複雑な発展をしている。つまりスペシャリストとして、あるものに特殊化していく進化を経ている。だから生きていける範囲はすごく狭い。バクテリアとかアーキアっていうのは、ナリはダサいけど中身がすごい。どこにでも適応できる力を持っている

言ってみれば、

  • われわれみたいな多細胞生物→独自で発展して「種」を増やしているが、それだけに狭い環境にしか適応できない。スペックが細かいので、他社製品との互換ができないPC部品みたいな💦
  • バクテリアアーキア→独自の発展はせず「種」は増やさない代わりに、多様な環境に適応している。高性能のバイク修理には専用の工具が必要そうですが、ママチャリ修理だと、ありあわせの工具で案外間に合ってしまうみたいな💦

 

微生物のエッジの効いた性質

微生物同士のシナジー

No.236

バクテリアはすごいよ。違った種類のやつが集まると「1+1=3」みたいな相乗作用がある。哺乳類は、たとえ10種類が集まったところで何もできない

どうして「1+1=3」になるのかは、これから教えて頂けるのでしょう。

微生物の総量

No.244

陸上と海にいる動物を全部集まると100億トンと言って、当たらずといえども遠からず。これに対して、全微生物を集めると、多分一兆トンとか二兆トン、三兆トンという数字になる

こうした数字はなかなか新鮮。

 

最後に

かつては魚釣りなんかで、やや不気味な生き物を釣り針にかけたり、昆虫を捕まえた経験あるとは言え、今や、苦手💦苦手💦

しかし、この小さな小さな微生物の、大きな大きなスケールのエピソードはなかなか面白い。きっと、語り手の長沼先生のキャラクターも大いに寄与しているのでしょう。

 

また、次回。

 

#辺境生物探訪記

#バクテリア

#アーキア

#ユーカリ

#微生物

メカといえばジブリの戦闘機【制御工学の考え方】メカをコントロール(制御)するテクノロジー

こんにちは、カタツムリ系です🐌

もともとプラモデルにも大して興味もなく、車🚗にも、さほど関心は高くありませんでした。いわゆる工学系には、縁遠い私。しかし、なんの気なしに手にした本↓で、そのメカニズムについては、その「カラクリ」加減が、微妙に楽しく感じ始めました。

さらに、かのジブリ宮崎駿監督は、クラシックな航空機愛好家。とくに「紅の豚」に出てきたような、戦闘機。

紅の豚 [DVD]

紅の豚 [DVD]

 

出典はアマゾンさん。

航空機も航空力学という、制御の考え方を大きく取り入れた分野。なんか、夢あります。そんなこんなで、今回は「制御」↓に着手。

制御工学の考え方―産業革命は「制御」からはじまった (ブルーバックス)

制御工学の考え方―産業革命は「制御」からはじまった (ブルーバックス)

 

出典はアマゾンさん。

 

【目次】

  • 制御とは
  • 正のフィードバックと負のフィードバック
  • 最後に

 

続きを読む

【これが物理学だ!①】サイエンス・モンスター。人生を謳歌するMIT名物教授のラストにしてベストの講義。まずは宇宙の速度から。

こんにちは、カタツムリ系です🐌 

アメリカの物理系で、名物教授といえば、取りも直さず、ファインマン博士の名前が上がります↓

ただし、講義自体の中身自体は共有される時代でもありませんでした。

一方、ここでは、積極的に講義内容の公開がなされています。ファインマン博士はノーベル賞を始めとして、研究内容で有名な方ですが、ここでは教育(講義)のスペシャリストの登場。アメリカ・MIT(マサチューセッツ工科大学)の、伝説的な物理学の教官・ウォルター・ルーウィン博士の講義録。

マサチューセッツ工科大学(マサチューセッツこうかだいがく)とは - コトバンク

なんどか記事にもしたことがあるCaltechカリフォルニア工科大学)のファィンマン博士同様、謎と知識を心から、そして無邪気な子供のように愛することのできる学者像が浮かびます。古き良き博士たち😊

カリフォルニア工科大学(カリフォルニアこうかだいがく)とは - コトバンク

これが物理学だ! マサチューセッツ工科大学「感動」講義

これが物理学だ! マサチューセッツ工科大学「感動」講義

 

出典はアマゾンさん。

 

【目次】

  • 宇宙の速度制限と、宇宙の膨張具合
  • 物理学を通した人生賛歌
  • MITによる名物授業のインターネットでの公開

 

続きを読む

【世界の仕組みを物理学で知る①】味気ない物理が、お金儲けに役立つ例から💦 昔、ロケット科学者、今、相場師、という振り幅の大きさ💦

こんにちは、カタツムリ系です🐌

物理を利用して、身近にある電化製品などを、易しく(個人的には、あまり易しかった経験はあんまり、ありません)解説している本は多々あります。コンビニなんかでよく見かけます。例えば↓

しかし、この本は、バリバリの宇宙物理学を専門とする著者↓の手によるもの。

過度に専門的になることなく、果たして、どこまで、我々に付き合ってくれますことやら。

文系でもよくわかる 世界の仕組みを物理学で知る

出典はアマゾンさん。

————————————————————————

【目次】

————————————————————————

(ページネーションはkindleでの表記に従います)

 

まずは、物理学者がウォール街で活躍しているというトピック

No.86

非現実的な状況設定のもと、わけのわからない計算をさせられる。物理に対してそんな印象を持ってある人は少なくないだろうでは、「物理学を使って株価の動きを予想できる」と聞いたら、どうだろうか

お金で関心をひく露骨な導入部分ですが、説得力があるのも確か。大きな成功を収めているケースもたくさんあり

No.91

その代表が1982年にジェームズ・シモンズが設立した投資会社ルネッサンス・テクノロジー(以下「ルネッサンス」)(中略)ルネッサンスがユニークなのは、金融や経済にバックグラウンドを持つ人材を一切雇っていないこと。100人以上いるといわれる社員の多くは、物理や数学、統計学などの博士号を持つ研究者であり、シモンズ自身、著名な数学者であり、物理学者である

恐らくは、外部のコンサルタントに、ある程度の経済や金融のコンサルタントは雇っていたかと思いますが、なかなかの徹底ぶり。たしかに、納得するところがあって、専門家と言っても、ある程度の年数を経過すると、流石に伸び率が頭打ちになるのでは?!それであれば、そういう人は外注し、儲け頭を内部に留保するのは、とても合理的ですよね。

 

しかもいつも改善、改善

No.106

モデルの改善を繰り返しながら、短期間に高頻度の取引を行うことで、驚異的なパフォーマンスを保っている。ルネッサンスは主力ファンドの「メダリオン」の年平均リターンが40パーセント近くあり(100万円投資したら140万円になるということ)、立ち上げから10年間で2378.6パーセントもの収益率を上げたという。

最近深層学習とか機械学習とか、いわゆるAIで、膨大な量のデータの取り扱いと、それと同時に、莫大なモデルの改善が実現できるといいます。たしかに「相場師」なんていう、表現で伝説的な投資家がおられますが、まさかAIには勝てないですよね。手も足も出ない感じ💦 

 

とはいえ、裏事情もあるようで

No.112

1980年代に宇宙開発費の削減などの影響でNASAの科学者たちがロケット開発を離れ、ウォール街の金融会社や証券会社に転職し、最先端の物理学を金融に取り入れたのが始まりだそうだ

ロケット科学者が失業するのも悲しいし、ロケット科学が金融に適用できるのも、なんか変な感じ。なんだか、居心地悪い💦

 

不況にも強い?!

No.120

さらに翌年におきたリーマン・ショックでも、ヘッジファンドや証券会社が軒並みダメージを受けたなか、メダリオンは、80%ものリターンを上げたといわれている

もちろん、不況前に有効であったモデルの改変にはかなり手間がかかったと思われますが、そんな改善もクイックにできるのでしょう。

 

最後に

とにかく今回は、物理がたんなる机上の空論ではなく、お金儲けというドロドロした現実の世界でも、強力な武器になるのです!という実例の列挙がメインでした。

では、次回からは、如何にそうなるのか?!という具体的な内容に入ります。  

本書を見ていると、物理が得意なら、すぐにでもお金儲けが出来そうです。ただし、日本では、アメリカのように、金融業界における「物理学者バブル」が起きなかったですね。

何はともあれ、お金儲けと物理という(少なくとも日本では)一見遠い両者のシナジーは楽しみ。

 

また、次回。

 

#世界の仕組みを物理学で知る

しくじり先生!【偉大なる失敗①】愛のある粗探し。アインシュタインもしくじる💦まずは、進化論のダーウィンの一撃💦

こんにちは、カタツムリ系です🐌

一般に優秀な人でも、どこか抜けているとか、実はたくさん失敗していたということで、愛着が出てくることがあるそうです。

そう言えば、「しくじり先生」↓なんていうテレビ番組もありましたね。

しかし、失敗にも、笑って済ませられるものもあればタブー視されるものもあり↓色々面倒そう💦だいたい、粗探しはあんまりピンと来ません。

ただし、本書は、ある種の粗探しではありますが、

  • 愛とリスペクトのある視点
  • 間違いを犯したとしても、間違え方さえも賢いこと

から、読み物として、かなり面白いものになっています。

偉大なる失敗──天才科学者たちはどう間違えたか (ハヤカワ・ノンフィクション文庫〈数理を愉しむ〉シリーズ)

間違えた人は次の五名。

です。

————————————————————————

【目次】

————————————————————————

何だかんだ言っても、この宇宙のグランドデザインを設計した存在はすごい

生物の豊かな多様性と、驚くべき数の生物が織りなす複雑な調和や適応。かつての賢人たちは、宇宙のグランドデザインをした存在を信じていました。

とりわけ拡張の高い、次のメッセージは、古代ローマの弁論士キケロ

キケロとは - コトバンク

P-29

かりにもし宇宙のすべての部分が、有用性の点でこれ以上良くはありえず、また視覚的にもこれ以上美しくありえない形で組み立てられているなら(中略)もし技術によって完成されたものより自然によって完成されたもののほうが優れているというなら、あるいはまた、技術は理性なしには何も生み出すことはないというのなら、自然が理性を欠いていると考えるべきではない

その精密さは、あたかも

P-29

時計職人の比喩を初めて想起させたのもキケロ

納得。こんな凄い創造物を目の当たりにして

P-33

18世紀の博物学者たちの多くは、永久不変の理想的な種という古代ギリシャの考え方をそっくりそのまま受け入れる

つまり、生きとし生けるものは、昔から不変だし、これからもそう、と。

 

ダーウィンの一撃

P-33

彼の壮大な統一概念は、人類史上もっとも想像力を掻き立てる非数学的理論となった。ダーウィンは、地球上の生物に対する考えかたを、神話から科学へとまさに一変しせたのである。

例のコペルニクス的展開というヤツですね。天が動いていると思っていたら、なんと地球が動いていると言い出す人がいたなんて、それは驚きますよね。

コペルニクス的転回(コペルニクスてきてんかい)とは - コトバンク

当時の人々も、急に自分たちの先祖がサルと言われたら、なんだか、からかわれたような気になっても責められますまい💦

そして、そう、これだけ普遍的な理解なのに、アンチ数学的なんですよね💦

 

あれあれ、主著「種の起源ダーウィンの発言は随分、盛られている様子💦

P-33

この本で議論されていない内容について理解しておくことは重要だ。ダーウィンは、生命の起源だとか、宇宙全体の進化などというものについては、一言も述べていない

実はその二年後に刊行された本で、自身の進化説が人間にも成り立つはずだという見解を明らかにしたそう。

ということは結局、我々が知っているような内容をダーウィンは主張していたわけですが、ここで言いたいのは、従来からの神話的な観点が一冊、もしくは二冊の本の内容で一挙に覆されたこと

P-35

ダーウィンはたった一撃で、デザイン説を葬り去り、種が永久不変であるという考え方を一蹴し、適応と多様性を実現するメカニズムを提唱

 

自然選択(自然淘汰)は、どちらかといえば消去法的

自然淘汰とか適者生存とかいった言葉は、あたかも自然が主体的に、あれが良くてあれはダメというふうに、選択しているイメージあります。しかし、そんな主体的なイメージではなく

P-49

個体群の中の”弱い”個体が消滅するプロセスを指している

じゃあ、主なルールは何でしょう。

P-53

自然選択説を裏付ける証拠をいくつか簡単に挙げておくことは重要だ。というのも、進化の目的地がなくても、生命か進化や多様化を遂げうるという考え方

現在では、生命を構成する量子は、なにか高い目的に向けて変化していくのではなく、デタラメな動きしかしないことを、量子論が明らかにしています。そんな(冷たいという意味の)クールな量子論を経た現在であっても、なかなか寂しい結論。ましてや

P-53

ダーウィンの時代の人々にとって、進化論のもっとも由々しき側面

だと思われていたそうです。

 

最後に

ダーウィンの進化論は、博物学とか生物学のカテゴリー。どこか夏休みの宿題を思わせる、牧歌的なのどかな感じかと思いましたが、ダーウィンはなかなかに、シビアな洗礼を受けてましたね💦

 

また、次回。

 

#偉大なる失敗

#アインシュタイン

#トマソン

#ケルヴィン恐縮

#ポーリング

#ホイル

#ダーウィン

#しくじり先生

 

【超対称性理論とはなにか】アーティスティックな宇宙。どこかヴェルサイユ宮殿の左右対称な噴水を連想。そして、わずかな例外が今の宇宙。ちょっとムー的🤓

こんにちは、カタツムリ系です🐌

対称性っていう言葉。アート的でもあるし、数学的でもあります。

このコンセプトが相当重要らしいのです。

そういえばノーベル賞受賞者で、CP対称性の破れ、というテーマで研究されていた方もいらっしゃいました。CP対称性。パチンコの新台ではありませんよね?!

CP対称性の破れ(シーピータイショウセイノヤブレ)とは - コトバンク

そんなわけで、この対称性というタイトルの語感、気に入ってます💦

時空とか真空とかも、もちろん、関心を惹かれるワードです。しかしながら「超対称性」と言われると、なんだか、洗練された?オバケでも出そうな気がします。そんなレアな感じに魅力が。このレアなテイストが若干ムー的🤓

いずれにせよ、中身は、迷路のようです。わたしには。そんな迷路を案内してくれる本は↓。

出典はアマゾンさん。
でも、きよし師匠のように「小さなことからコツコツと」やっていきます💦  

西川きよし(にしかわ きよし)とは - コトバンク  

西川きよし プロフィール|吉本興業株式会社

 

————————————————————————

【目次】

————————————————————————

 

ゴリゴリの物理的トピックなのに、とってもアーティスティックな出だし

P-3

私たちの美的感覚の中にも、対称性は深く浸透しているようです。ひとが作った建築物など絵画、美術品にも対称性(中略)。この世の中で完全無欠な対称性が稀であることも、また確か

そうなんですよ。サイエンスというか物理って、量子力学相対性理論はじめとして、我々の日常生活の実感からは、かけ離れたことが多かった。

それが事実なら事実として受け入れるわけですが、それにしても、そんなのばっかり、すなわち、あまりに日常感覚とかけ離れているものばかり見せつけられるというのも、あまりにバランス悪い気がしていました。

でも、ここは対称性という救世主現る!!

左右なり上下なりが、同じかたちをしているという美しさに触れられています。なんか、ホットします💦

 

今の宇宙は、対称性の破れ=対称性が壊れているところの残骸?!例外?!らしい

P-38

C変換とP変換を続けていったらどうでしょう。粒子と反粒子を入れ替え、かつ空間反転も行うのです

P-38

CP変換も完璧な対称性ではなく、ごくわずかだけ破れている

Cというのはchargeの頭文字で、電荷(電気の素)の意味で、Pはparityの頭文字で、等価という意味とのこと。

宇宙に存在するモノは、いろんな対称性のステップを踏みながら、自分の対となるものを探しているよう( 粒子と反粒子とか)。

 反粒子(はんりゅうし)とは - コトバンク

その破れ、その例外、その壊れ、が残って、今の宇宙は作られているよう。今の宇宙は、残り物に福あり、的な存在なのです。

P-14

ビッグバンの瞬間から最初の3分間の内に、素粒子から原子核が作られた(中略)それから38万年経って、かなり冷えた頃、原子核は電子を捕まえて原子が構成されました。その後、原子は重力で集まり、物質が構成され、それが星や銀河となり、やがて地球や私たち生命体への誕生へとつながってきたのです

結局、人間はじめ、すべては、宇宙の塵からできてます、というお話のよう。しかも、その塵も美しい対称性から少しだけ溢れたとこらから生まれ出た、希少な存在という結論。

宇宙と対称性と希少性。なんと、美しいことか💦

 

最後に

今までのムー的宇宙の中でも、もっともドラマティック。アーティスティック。

なんだかんだ言って、多少なりとも、実感とか共感できる要素があると人は安心するらしい💦

 

また、次回。

 

#超対称性理論とはなにか

#ムーチューブ

#オカルト

#三上編集長

#宇宙人

#世界征服

#フリーメイソン

#地底人

#陰謀論

#UFO

#超能力

#UMA

#超科学

#超古代文明