カタツムリ系@エンタメ・レビュー (ポップ・サイエンスはデフォルト)

映画・本・動画といったエンタメのレビューを友人に語りかけるように書きためています。映画は、おすすめポイントと大好きなカットに焦点。本や動画でポピュラーサイエンスやオカルトをエンタメとしてカバーしているのも特徴。

洋画

アドベンチャー✖︎オカルトは最強【インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説】サービス精神満点😊少年推しの回😊

こんにちは、カタツムリ系です いいですね!!このアドベンチャー・シリーズ。まさにアドベンチャーものの定番と言えましょう。 サービス精神満点 さらに前作より(前回の記事↓)一層、オカルトちっくで、同時に、少年ぽいハツラツさもあり、アドベンチャー…

アドベンチャー映画の永遠の定番【インディ・ジョーンズ /レイダース失われたアーク】アークとは「契約の箱」のこと(初耳💦)

こんにちは、カタツムリ系です アドベンチャー感とオカルトテイスト溢れた、この傑作。このアドベンチャー映画を嫌いな人は想像しにくいです しかし、「アドベンチャー」という言葉、いまや、どれだけ訴求力があるのか不明ですが、この作品以上に、夢がある…

80年代というアイドルと純愛の時代【バック・トゥー・ザ・フューチャー PART3】過去も未来も、大恋愛は大事件です💦

こんにちは、カタツムリ系です 最近、80年代の歌をよく耳にします。 CDがあまり売れなくなって、目新しい素材を探した結果なのか、それとも、もともと抜群のコンテンツ力があったのか、アイドル系の80年代ソングが目立ちます。 前回の記事↓で取り上げたマイ…

80年代とはマイケルジャクソンのこと【バック・トゥー・ザ・フューチャー PART2】スリラーPVの破壊力

こんにちは、カタツムリ系です 「80年代」という言葉、日本では「バブル」とともに、よく話題にされてきました。もっとも、80年代=バブルは日本の話で、アメリカで景気が良くなる時期は、ずれているようです。この映画↓では、そんな80年代のアメリカ事情を…

【プラダを着た悪魔】Giant Killing@ブラック企業。最強のハッピーエンド。愛こそすべてby TheBeatles

こんにちは、カタツムリ系です 本作品の主役なので無視するわけにはいかないのは当然ながら、キュートさの化身、キュートの雄、アンナ・ハサウェイの魅力にまずは強調せずにはいられません あの大きな目と清潔感あるコケティッシュな雰囲気は印象的ですね。 …

ビートルズ✖️ラブコメ製造機=【映画イエスタディ】自分以外誰もビートルズを知らない世界💦

こんにちは、カタツムリ系です なかなか、嬉しいニュース。 ラブコメ製造機 ラブコメの最高峰「フォー・ウェデイング」↓の脚本家はリチャード・カーティスさん。 何度見ても、ハートウォーミングこの上ない作品しかも、主演のヒュー・グラントとのタッグは最…

80年代のトリセツ?!【バック・トゥー・ザ・フューチャー 】スニーカー・スケボー・エレキギター

こんにちは、カタツムリ系です この映画にでてくる主人公は、時空を超え、命を脅かされるという試練を経ても、ちっとも成長しません。80年代が反省しない時代、もしくは80年代は反省するより「前に進め」的な時期だった?! 80年代の特徴?! スニーカーとか…

オードリー・ヘプバーンというジャンルのクラシック映画【ローマの休日】未だに女性のなりたい顔のナンバーワン

こんにちは、カタツムリ系です この、オードリー・ヘプバーンという女性、永遠の人気がありますね。ルックスの美しさはもちろんですが、清潔感とか凛々しいところなどは、時代を超越するのかもしれません。 そんな魅力のゆえでしょう、女性誌がオードリー・…

ラブコメの変化球?!「あの人は今」的新境地【Re:LIFE~リライフ~】人生は誰にとってもしょっぱいらしい💦

こんにちは、カタツムリ系です まだ、ヒュー・グラントの素材残ってました しかも、前回の記事↓で取り上げた、ラブコメの化身ヒュー・グラントの新境地?!「あの人は今」的アプローチ ————————————————————————— 【目次】 誰にでも老いは訪れますかつてやラ…

ラブコメの、純愛度強め系【ラブソングができるまで】ヒューさまの「あの人は今」的新境地

こんにちは、カタツムリ系です このところ、ずっと、ヒュー・グラント出演作品に触れています。そう、ラブコメ三昧前回記事↓ 今回も前回の記事同様、イギリス映画がアメリカ女優を招くのではなく、ヒュー・グラントがアメリカに呼ばれる形。そう、ラブコメは…

ラブコメとはヒュー・グラントのこと【トゥー・ウィーク・ノーティス】Noヒューさま。Noラブコメ。

こんにちは、カタツムリ系です かつてのヒュー・グラント主演のラブコメ↓では、イギリスで撮影する映画に、アメリカの有名女優を招待していました。 この時↑女優はアンディ・マクダウェルでしたね↓ 今回はアメリカで撮影する映画に、ヒュー・グラント(以下…

ラブコメ製造機が映し出す、愛嬌たっぷりの恋愛至上主義的女子【ブリジット・ジョーンズの日記】あざといまでに女子受け狙い?

こんにちは、カタツムリ系です またまた、ラブコメ製造機、主演ヒュー・グラントと脚本家リチャード・カーティスによる作品。 もちろん、お二人のラブコメ最高傑作は「フォー・ウェディング」↓ 簡単に言うと、このラブコメは 等身大で 自分に自信がなく 前向…

ラブコメ製造機が贈る、テロにも負けない全開の愛【ラブ・アクチュアリー】強烈に美しい映像で魅せるラブ&ピース

こんにちは、カタツムリ系です ラブコメ製造機、主演ヒュー・グラントと脚本家リチャード・カーティスによる作品。 もちろん、お二人のラブコメ最高傑作は「フォー・ウェディング」↓ という訳で、毎度お馴染みのラブコメなのですが、回数を重ねたからか、随…

ラブコメ満喫【ノッティングヒルの恋人】ヒュー・グラントの草食系知的ユーモア砲の威力炸裂

こんにちは、カタツムリ系です ラブコメと言えば「フォー・ウェディング」ですが 最初に断っておきますが、ラブコメの最高峰は、本作品同様、ヒュー・グラントが主演した「フォー・ウェディング」です↓この作品に次ぐ、ラブコメの傑作。 本作品は、気弱だが…

ラブコメのてっぺん😊【フォー・ウェディング】イケメンも顔面偏差値低めの人もみんな仲良し😊

こんにちは、カタツムリ系です ラブコメというジャンルは、ポップな恋愛を扱う、とても需要の高いジャンル。したがって、過去、数多のラブコメ映画が制作されてきたと思いますが、この作品を越えるラブコメは見たことありません。This is ラブコメ。King of …

【ダーティーハリー5】マスコミも巻き込む、有名人の予告殺人ゲーム。トガった老ダーティーハリーが容赦なく放つバズーカ級武器。

こんにちは、カタツムリ系です ついにダーティーハリーの最終章。 第1作から見ているせいか、白髪も目立ち、随分丸くなったダーティーハリー。 でも、いままでの経緯を知らなけれは、単体で十分、ヤンチャなおじいさん刑事。本当にムチャします 前回の記事↓…

【トム・クルーズのトップガン】ジャケットのMA-1は、ケンコバさんの方が似合うと思います。そして、なぜか尾崎豊さんを思い出します。

こんにちは、カタツムリ系です 続編の公開日延期に今頃気がつく 単に、ボォーッとしていただけなのですが、トップガン2(正確には「トップガン マーヴェリック」)公開はもうそろそろかな、と期待していたら、なんと、来年に延期とか。もともと全米の公開予…

本能のスナイパー伝説復活【山猫は眠らない2】人としてより、兵士としての死を望む男。秘められた、もう1つの使命。時折、いいヤツ。

こんにちは、カタツムリ系です 前作では、多少、ツンデレな部分も見せた、トム・ベレンジャー演じる、少しくたびれた?!ベケット上級曹長。 今回は、さらに、老いが彼を苦しめます。 しかし、そこは、歴戦の勇士ベケット。生まれながらの兵士の底力を見せつ…

【ジェイソン・ボーン】孤独で心優しい戦闘マシーンが防戦に次ぐ防戦を強いられます。そして自分探しの旅は終わらない。ややランボー化💦

こんにちは、カタツムリ系です 帰ってきましたマット・デイモン演じるジェイソン・ボーン。 そのジェイソン・ボーンの最終章。救いのないヒーローが帰ってきたことの安心感と、救いのない環境から逃げられぬボーンの人生のゆくえの切なさ。 前回の記事↓ ————…

「ダ・ヴィンチ・コード」続編【天使と悪魔②】カトリック教会総本山と最先端素粒子を人質にとるワールドクラスの犯罪💦

こんにちは、カタツムリ系です ローマ・カトリック教会の闇の部分に迫る、この「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズ。前回の記事↓に続き、この濃い物語を追います ———————————————————————— 【目次】 作品紹介(再掲) 事件解決の手がかりの華やかさ ヴァチカン…

「ダ・ヴィンチ・コード」続編【天使と悪魔①】教皇選挙を妨害するのは、科学を武器にする狂信的集団イルミナティ⁉️動機は怨恨⁉️

こんにちは、カタツムリ系です 本作品も、ダン・ブラウンさんの原作ですが、時系列的には、映画と原作では、違いがあるようです。 原作の順番;「天使と悪魔」→ダ・ヴィンチ・コード→インフェルノ 映画の順番;ダ・ヴィンチ・コード→「天使と悪魔」→インフェル…

ナチスドイツ的ブラック系お馬鹿映画💦【アイアン・スカイ】月刊ムーを映画にしたような仕上がり😊超B級😊そのブラックさ、少し冷や汗💦

こんにちは、カタツムリ系です なんと、ノルウェーの映画。かつてヒトラーに攻め込まれ、ナチスには、かなりの負の印象をもつはずのお国柄。 しかし、そんなヒトラーを批判するというよりは、かなりのギャグに仕上げています。ムーチューブ↓でも大絶賛 しか…

世界最大のベストセラー「聖書」に挑むドキュメンタリー【徹底解明 ダ・ヴィンチ・コード】キリストの恋人を探る、斬新なアプローチ。

こんにちは、カタツムリ系です 最初にお断りが必要かと思いますが、この記事は「ダ・ヴィンチ・コード」という作品そのものではなく、当該作品があらわにしたミステリーを解明しようとしたドキュメンタリー番組です ———————————————————————— 【目次】 まず…

真夏の国での危険な疾走と、清涼剤的なデンゼル・ワシントンのスマイル【デンジャラス・ラン】身体的躍動感。名セリフ。

こんにちは、カタツムリ系です 主役のデンゼル・ワシントン。最近はマイルドな役が多いイメージでしたが、ここでは ○キレのある ○影のある ○迫力のある 人物像を追求。 手放しに賞賛できる、いい感じです ———————————————————————— 【目次】 おすすめポイン…

ダーティーハリーの影と突進力を思わせるベテラン大統領護衛官【ザ・シークレット・サービス】とんがった古株ボディーガードの悲しみ

こんにちは、カタツムリ系です クリント・イーストウッドが、老境に差し掛かっても、色褪せないパワーを見せ付けます。 いつまでも丸くならない男の、誇りと寂しさが、ひしひし伝わります。静かに泣かせますね 念の為、シークレットサービスとは、大統領の警…

期待の新007😊【007/スペクター】宿敵・スペクターとの遭遇。今は亡き旧司令官Mの遺言的指示の逆襲。ボンドのプライベート丸出し💦

こんにちは、カタツムリ系です 宿敵の犯罪組織スペクター登場。 ダニエル・クレイグ演じるジェームズ・ボンドは、かつてのボンド像を見事に変えることに成功しています。 完全無欠の存在ではなく、より人間味を見せることでパワーアップしています。 逆に、…

Brexitも解決⁉︎【ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬】ミスター・ビーンが愛され系お馬鹿スパイに💦不気味な顔面筋肉の動きは抑え気味💦

こんにちは、カタツムリ系です 主役の方、ローワン・アトキンソンさん。ミスター・ビーンの主役の人です。あれだけヒットしたのに、あんまりピンと来なかったんですよね、ミスタービーン。なんと言いますか、コミカルさって身体の面白い動きからも生まれると…

Brexit直前💦事件は英国首相の死から【エンド・オブ・キングダム】国際的な劇場型テロ。負けられない闘い再び。全身全霊で闘う大統領護衛官@ロンドン

こんにちは、カタツムリ系です 舞台をアメリカから、イギリスに移します。前作に関する記事↓ イギリス首相急逝に伴い、葬儀に参加するアメリカ大統領。 そこでも大規模テロが勃発します。ゲーム的展開で、スピード感が身上!! ———————————————————————— 【…

【ボーン・レガシー】もう一人のボーンの物語。極寒地での究極的身体酷使。国家的なリスク軽減のために組まれる暗殺者のポートフォリオ。

こんにちは、カタツムリ系です 今回は、マット・デイモンはおやすみ。代わって、人気のジェレミー・レイナーがアーロン・クロスという、ジェイソン・ボーンに似た境遇のスパイを演じます。 アーロン・クロスの置かれた過酷な環境はジェイソン・ボーンと似た…

【ムーチューブが組む?「天気の子」に続く話題作】「アイアン・スカイ」。ナチス第三帝国と地球空洞論。ほぼ作品紹介ですが、ムー的世界観炸裂‼️

こんにちは、カタツムリ系です つい最近、新海誠監督の「天気の子」にいち早く乗っかる月刊ムー↓ しかし、ビジネスセンス溢れる月刊ムーは、それでとどまりません。間髪入れず、次の作品に触手を伸ばします。テーマも、ムーのために制作したかのような、ドン…