カタツムリ系@エンタメ・レビュー

映画・動画・本の印象を友人に語りかけるように書きためてます。映画は、おすすめポイントと大好きなカットに焦点。

洋画

【ムーチューブが組む?「天気の子」に続く話題作】「アイアン・スカイ」。ナチス第三帝国と地球空洞論。ほぼ作品紹介ですが、ムー的世界観炸裂‼️

こんにちは、カタツムリ系です つい最近、新海誠監督の「天気の子」にいち早く乗っかる月刊ムー↓ しかし、ビジネスセンス溢れる月刊ムーは、それでとどまりません。間髪入れず、次の作品に触手を伸ばします。テーマも、ムーのために制作したかのような、ドン…

【007/スカイフォール】ボンドは二度死ぬ。過去からの逆襲と翻弄。精神的支柱の司令官Mの死。スタイリッシュなモデル風技術担当Q登場。

こんにちは、カタツムリ系です。 かつて、ジェームズ・ボンドは人間離れしたスーパーマン。彼の過去なんて無かったかのような扱い。 ダニエル・クレイグ以前の007シリーズで、まれに結婚したことがあったり、そんな奥さんも既に鬼籍に入っていることが示唆さ…

【ダーティーハリー4】戦士の正義と野獣の掟に生きるモンスター刑事。立ったままハンバーガーを頬張る中年男の背中には都会的哀愁💦

こんにちは、カタツムリ系です 言ってみれば、過剰な正義感と、悪人への憎しみ?で、ガンガン銃をぶっ放す、ある種の「原始的な」刑事像。ストーリーも、特別凝っているわけでもなく、不思議と言えば、不思議。 でも魅力あるのは、当たり前のことばかりです…

【エンド・オブ・ホワイトハウス】米国本土で北朝鮮テロの嵐。核発射アルゴリズム強奪。大統領護衛官崩れでツンデレ中年男の乏しい勝算💦

こんにちは、カタツムリ系です なんとタイトルが、ホワイトハウスの終わり!! かなり精密に描かれたテロです。おそらくは、アメリカでは、真剣にアメリカ本土でのテロが恐怖され、真剣に精密なシミュレーションが繰り返されているに違いありません そんな緊…

【ミッション・インポッシブル フォールアウト】腕時計はジャガー・ルクルト😊友情も愛情も核爆弾も面倒みる、不可能過ぎるミッション💦

こんにちは、カタツムリ系です このミッション・インポッシブルのシリーズは、毎回見逃さずに、チェックしています。クオリティのアップダウンの無い、常に高いエンタメ性を提供してくれる稀有なケース。そんな気持ちが反映してか、過去記事を見直していると…

【007/慰めの報酬】腕時計はオメガ😊車はアストンマーチン😊お悩みボンドと男前過ぎるボンドガール💦

こんにちは、カタツムリ系です 前作「カジノ・ロワイヤル」で格好良すぎるスタートを切った、ダニエル・クレイグ演じる新生・ジェームズ・ボンド。やや老け顔も気になりましたが、左手の高級時計オメガが本作でもキラリと光ります。環境問題もクローズアップ…

【ボーン・アルティメイタム】愛国心発、ノマドライフ経由、地獄行💦

こんにちは、カタツムリ系です どうしても、救いが見えないボーン。 この作品は本当に救いとか、カタルシスがありません。最愛のマリーを失いつつも、自らの本能がボーンを行動に駆りだします。 とにかく、失速するまで、パワー尽きるまで、疾走するしかなさ…

【ダーティーハリー3】忖度無視。常に戦場、ときどき友情。キメはバズーカ砲💦

こんにちは、カタツムリ系です このシリーズも、前作で、犯人サイドのサイコ化、そして、ダーティーハリーのモンスター化・問答無用化が加速していました。警察という組織にいるからといって、そんなモンスターが忖度するはずもありません 個人的には、カサ…

【ブリジット・ジョーンズの日記】モテ期とは三角関係と妊娠と笑顔のこと😊

こんにちは、カタツムリ系です ブリジットの相手役をするのは、いつも、 コリン・ファース演じる、お堅く誠実な弁護士役のマーク、と ヒュー・グラント演じる、マスコミ関係の浮気なモテ男のダニエル です。今回、マークこそ健在ですが、ダニエルはお休み。…

【ボーン・スプレマシー】ノマドライフ・ノマドワーカー的路線まっしぐら💦

こんにちは、カタツムリ系です🐌 切れ味とスピード感を失わぬまま、第2作目に。そして、主人公ジェイソン・ボーンの、決して人生を謳歌することなく、ただただ、割に合わないノマドライフぶりも健在です。 殺人ロボットにされて、その記憶さえ失った主人公ジェ…

【カジノ・ロワイヤル】腕時計はオメガΩ😊。ボーイミーツガール物語😊

こんにちは、カタツムリ系です。 イアン・フレミングが創造した、永遠のヒーロー、ジェームズ・ボンド。彼が、華麗な変身を遂げた、記念碑的作品。 ジェームズ・ボンドとは - コトバンク どんな風に変わったかというと。。。 変身前)神がかっていて、喜怒哀楽…

【プラダを着た悪魔】ブラック企業の決定版!!

こんにちは、カタツムリ系です キュートさ溢れるミッシェル・モナハンに触れたので、もう一つのキュートの雄、アンナ・ハサウェイに触れないではいられません こちらも、ハートウォーミングなお話 おまけに、つい最近投稿したMaryQuantとChristianDior関係の…

【近距離恋愛】誰もが憧れる、王道の胸キュン

こんにちは、カタツムリ系です。 恋愛マスターとは程遠い私ですが、なーんか、いいな、とほのぼの思わせる、名品。 あと、タイトルが邦題では「近距離恋愛」となっていますが、原題を調べてみると「Made of Honor」。 恐らくは、同じ発音の、 ○Maid of Honor…

【ダーティーハリー2】アンチ・社畜を貫くレジェンド刑事

こんにちは、カタツムリ系です やっぱり面白い、ダーティーハリー。 カサカサした時代の、カサカサした人と街。1970年代のサンフランシスコ。さらに、かなりサイコなグループをダーティーハリーは相手することになります。そんなサイコなメンツに対してさえ…

【山猫は眠らない】ベトナム戦争レジェンドの復活ストーリー

こんにちは、カタツムリ系です ブリジット・ジョーンズで、ホッコリした後は、急にアクションものを 好きなんですよね。この地味だけど、玄人受けしそうな作品。 ちなみに原題はsniper。スナイパーです。 これが邦題になると、なんと「山猫は眠らない」。 随…

【ブリジット・ジョーンズの日記】アラサー独身女子の勝ちパターン

こんにちは、カタツムリ系です 久々、ブリジット・ジョーンズのシリーズ。ちょっと、ほっこりラブ・コメを。 そう言えば、いま、ネットフリックスさんでも人気の「リラックマとカオルさん」もアラサー独身女子が主人公。永遠のテーマかも。 katatsumurikei.h…

【ボーン・アイデンティティ】レジェンドの始まり!!全編キレキレ!!ネタバレ懸念💦

こんにちは、カタツムリ系です ストーリーの運び、アクションそのものにも、キレキレ感満載の作品。 遊びのない、エッセンスがギュッと詰まった傑作。本作品のシリーズもたくさん製作されましたが、なにより、この第1作目の成功が大きいと感じられます。 【…

【ダーティーハリー】ルパン三世とほぼ同期の炎上系刑事さん

こんにちは、カタツムリ系です 1960年代まで栄光に酔ったアメリカ。そう言えば、その当時をレポートした「ベストアンドブライテスト(最良にして、最も賢明な)」という本もベストセラーに。 ベスト&ブライテスト〈上〉栄光と興奮に憑かれて (Nigensha Simulta…

【三銃士】RPG系「愛こそすべて的」ラブ・ストーリー

こんにちは、カタツムリ系です 公式のタイトルは、三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船です。 このタイトルからもお分かりの通り 三銃士の果たし合いやチャンバラ 王妃という高貴な登場人物 首飾りといった、お宝騒動 ダ・ヴィンチというビッグ・ネー…

【オースティン・パワーズ】今流行りのナチュラルなおバカではなく、かなりアザトイおバカが炸裂

こんにちは、カタツムリ系です これは、楽しい!! テレビ界のみならず、おバカの需要は高い傾向が続いていますね。 でも、どちらかと言えば、ナチュラル系が好まれているように感じます。 しかし、ここでは、これでもか!と言うほど、狙いに狙った、アザト…

【宇宙戦争】 イケテナイお父さんが家族を守る!

こんにちは、カタツムリ系です かつての直情径行的な決断力、そして 持ち前のパワーで乗り切る 青年トム・クルーズから、最近は、 コミカルでだらしない大人トム・クルーズ の面も強調されてきたイメージあります。 ここでは、ただ、だらしなく、やる気ない …

【ロビン・フッド】ストレートなヒーローもの。主演の重厚な演技で重みもトッピング

こんにちは、カタツムリ系です いわゆる伝説のヒーローが主役の映画。 日本で言えば、桃太郎あたりが相当するでしょうか。 しかし、そもそも、ロビン・フッドって、何だったか忘れてしまっていたので、とりあえず復習。 イギリス中世に、シャーウッドの森に…

【ショーシャンクの空に】脱獄ものですが、映画の丁寧なつくりが気分良くしてくれます。玄人向け?!

こんにちは、カタツムリ系です これも、映画を最高のエンタテインメントと信じている作り手が、楽しみつつ、本気の本気で取り組んだ感が伝わってくる、そんな古き良き時代の映画。 静かに淡々と進むストーリー。 でも、よく目を凝らすと、幾重にも、仕掛けや…

【スパイ・レジェンド】手間ひまかけるスパイ商売。

こんにちは、カタツムリ系です 主役は、かつて、ゴールデン・アイなどの「007」で、ジェームズ・ボンド役を務めた、ピアース・ブロスナン。 ゴールデンアイ (字幕版) 発売日: 2014/02/26 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る 出典はアマゾンさ…

【7月4日に生まれて】社会派の作品にでると、どうもトム・クルーズはギコチナイ?!

こんにちは、カタツムリ系です 以前も、このブログで、触れたことありますが、いわゆる社会派の作品に出演した時のトム・クルーズは、どうにも、精彩を欠きがち。 やっぱり、トム・クルーズは、 ○直情径行 ○友人ファースト ○国家的使命感 で、突っ走る青年で…

【ザ・ファーム/法律事務所】野心満々とは、こういうこと

こんにちは、カタツムリ系です 苦学生・有名大学・弁護士。 苦学生って、自分で稼いで、学校に通っている人のこと。 苦学生(クガクセイ)とは - コトバンク 野心満々の若者が、益々、彼の野望への突進をスピードアップさせるには、十分なバッググラウンド。 …

【ザ・エージェント】起業は大変そう。。。

こんにちは、カタツムリ系です またまた、若きトム・クルーズの、体当たり演技が見られる作品。 日本も起業社会に、ちょっとずつ移行していて、より、親近感湧くかも。 でも、日本でも「自営業」って言葉があり、昔から、独立してやってらした方はたくさんい…

【マイノリティ・リポート】スタイリッシュながら不気味な未来社会

こんにちは、カタツムリ系です 未来っぽいコスチュームや景色は用意されているものの、「予言」が支配する世界の話。 聖書に取材している箇所あるかもしれませんね。私はわかりませんが おすすめポイント ①かなりリアルな未来社会 → 予言者が広く認知されて…

【ラスト・サムライ】注目!男も惚れるオトコ。そして、見せ場多過ぎ。

こんにちは、カタツムリ系です ごちゃごちゃごちゃごちゃ説明は この映画に関しては、必要ないかなぁ。 掛け値無しに面白い!! あと、見せ場多過ぎる!! おすすめポイント ①日本の外から見る「武士道」がカッコいい → 武士そのものも古く馴染みが薄い上に …

【大いなる陰謀】大物俳優多くて、トム・クルーズも窮屈そう

こんにちは、カタツムリ系です やっぱり、トム・クルーズには、あんまり 硬派な、というか政治的な作品は、合わない のかなぁ。 まぁ、大御所ロバート・レッドフォードに お付き合いした感じ?! ちなみに、ロバート・レッドフォードは 本作品の監督でもあり…