カタツムリ系@エンタメ・レビュー (ポップ・サイエンスはデフォルト)

映画・本・動画といったエンタメのレビューを友人に語りかけるように書きためています。映画は、おすすめポイントと大好きなカットに焦点。本や動画でポピュラーサイエンスやオカルトをエンタメとしてカバーしているのも特徴。

国内テレビドラマ

◎「何かのついでのドラマ視聴」✖︎「一時間正座のドラマ視聴」。TVも少年漫画雑誌的マーケティング。今年「キン肉マン」は40周年😊

こんにちは、カタツムリ系です 普通に考えて、これだけたくさんの メディア(テレビ受信機はもちろん、スマホとかタブレットとか) 番組(ドラマひとつ見るにしても、テレビはもちろん、NetflixやAmazonプライムとか) もたくさんあるので、大きめのテレビ受…

【まだ結婚できない男】番組ホームページにオリジナル婚姻届😊婚姻届にも「トレンド」のある時代💦

こんにちは、カタツムリ系です この人気作も13年ぶりだそうですね。そう言えば、最近放映された「時効警察始めました」も12年ぶりだとか↓ さて、これだけ離婚率が高いのに、まだ、これだけ結婚願望あるものなのですね。まぁ、「婚活」という言葉もありますし…

【時効警察始めたそうです】オダギリ・ジョーさんの魅力と、冷やし中華始めました的隅っこテイスト

こんにちは、カタツムリ系です マーケティングだ、事業戦略だ、AIによる解析だなどと、やたらと効率性と確実性を求められる現在。 この「時効警察」シリーズを見ていると 最初からヒットなど、さらさら狙っていないかのように見える、お気楽さと 終わりよけ…

金田一耕助【夜歩く】「悪魔の手毬唄」の犯罪現場、鬼首村(オニコベムラ)再び

こんにちは、カタツムリ系です NEWSの加藤シゲアキさんが「悪魔の手毬唄」に挑戦されるとか↓ 私は金田一耕助といえば古谷一行派です。ただし、魅力のある役者さんが、金田一耕助マーケットにどんどん参入されるのは大歓迎です。 なお、本作品は、古谷一行バ…

金田一耕助【八つ墓村 再び】敗戦国日本。戦国落武者の復讐。伝統的地方セレブの狂気は原始的で悪魔的。

こんにちは、カタツムリ系です 古谷一行版金田一耕助シリーズはもともと好きですが、その中でも、最もお気に入りの作品である、この「八つ墓村」↓。 古谷一行さんの「目ヂカラ」もなかなか。 八つ墓村 上巻 [DVD] 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント …

金田一耕助【病院坂の首縊り(クビククリ)の家】敗戦国日本の悪魔的哀愁と、金田一耕助の「最後の事件」

こんにちは、カタツムリ系です 愛嬌たっぷりの母性くすぐり系で、身なりは構わないモジャモジャ頭の名探偵・金田一耕助。そんな金田一耕助を、持ち前の若々しい二枚目半ぶりで好演の古谷一行バージョンも、本作が最終話。金田一耕助と会えないなんて、なんと…

金田一耕助【女王蜂】RPG的女王蜂争奪ゲーム。恋する男のバトルロワイヤル💦

こんにちは、カタツムリ系です 事件を呼ぶ男、金田一耕助がまたもや、殺人事件に遭遇します。 今回は、女王蜂と呼ばれる女性を巡る物語。しかも、女王蜂という、どこか凄みのある呼び名とは裏腹に、可憐な若い女性が登場します。シリーズの回数を追うごとに…

【ルパン三世ファースト・シーズンEP-6】ヤバい時代の、ヤバい奴ら

こんにちは、カタツムリ系です 1971年、もう50年くらい前の放映開始。ひと通り見た感じでは キザさ全開 「男らしさ」の最期のあがき カサカサした人間関係、そしてカサカサした時代背景 後先考えない(もちろん、老後のことなんか関係ない)ハチャメチャサ が…

金田一耕助【迷路荘の惨劇】本格的RPG系ミステリから、ホームドラマ化へ

こんにちは、カタツムリ系です 今回も、金田一耕助シリーズに必須の トリックを駆使した殺人事件→ここでは、密室トリック 未だに尾を引く、過去の大事件 錯綜する人間関係 昔は凄いが、今は、衰退傾向の地方の名家が舞台 という設定は、きちんとメニュー化さ…

【リラックマとカオルさん】猫を欲しがる「令和」前のアラサー独身女子@ネットフリックス

こんにちは、カタツムリ系です リラックマと同居するカオルさん。カオルさんは大学出たてかと思ったら、ネット情報では、アラサーらしいです。そう言えば、わざとらしく?急須(キュウス)で、熱いお茶を、おばあちゃんチックに口に運ぶシーンが用意されてます…

金田一耕助【獄門島】王道のRPG系オカルトワールドを堪能できます!

こんにちは、カタツムリ系です そうそう、これこれ。 「獄門島(ゴクモントウ)」なんて、このシリーズにとって、なんとフサワシイタイトルなのでしょう!! 陰湿なムラ社会、現在に尾を引く過去の重大事件、俳句や遺書など思わせぶりな書き言葉、錯綜した人間…

金田一耕助【黒猫亭事件】トリックで勝負!! 今回の投稿はネタバレ気味💦

こんにちは、カタツムリ系です いやぁー、ちょっと凝り過ぎくらい、凝ってます。 最近だとリアリティーショーのように、変に作り込まず、あるがままが受け入れられ易い環境にあります。 でも、ここでは、これでもか!というくらい作り込んでます。職人芸!!…

金田一耕助【悪魔が来たりて笛を吹く】脱オカルト宣言!!

こんにちは、カタツムリ系です🐌 すごいタイトル!!凝ってますねー。 西洋の探偵モノみたい。 【目次】 おすすめポイント 作品紹介 実際の事件をモデルに 手がかりとなるワード薄め💦

金田一耕助【本陣殺人事件】本格派ミステリー化加速!!

こんにちは、カタツムリ系です まず、本陣のご説明を。 江戸時代の参勤交代時に、大名が利用した、由緒ある、大きな宿泊所。伝統的和風高級ホテルですね。 本陣(ほんじん)とは - コトバンク 参勤交代(さんきんこうたい)とは - コトバンク 本陣という立派な舞…

金田一耕助【犬神家の一族】白い顔の、スケキヨ登場します

こんにちは、カタツムリ系です 先の「八つ墓村」と並んで、金田一耕助シリーズ中、評判がよいとされているようです。 作品展開の密度の濃さから、それも納得。 しかも、なぜか、作品中の一つのキャラクター「スケキヨ」が一人歩きして、しかもコミカルなシチ…

金田一耕助【悪魔の手毬唄】RPG的ナゾ解き。日本童謡の、オカルトを超えた怖さ

こんにちは、カタツムリ系です 先の「八つ墓村」というネーミングも、おどろおどろしいです。この「悪魔の手毬唄」というタイトルも、その名前だけで、なにかに、祟られてそう(タタラレテソウ) 【目次】 おすすめポイント 作品紹介 日本の童謡が醸し出す、オ…

金田一耕助【八つ墓村】オカルト・サスペンスのてっぺん!!

こんにちは、カタツムリ系です 海外のシャーロック・ホームズほど有名ではないものの、日本でも、明智小五郎や金田一耕助といった名探偵は、かつて人気ありました。 しかし、日本のローカルな、オカルトにも近いエピソードが毎回つきまとうストーリー。そん…

【クライマーズ・ハイ】仕事の鬼。そして、無愛想な父親。家族再生のストーリー。

こんにちは、カタツムリ系です 今回は原作のあるNHKさんのテレビドラマ。 いやぁー、いいドラマ制作されてます。 クライマーズ・ハイ (文春文庫) 作者: 横山秀夫 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2006/06/10 メディア: 文庫 購入: 12人 クリック: 93回 こ…

【じゃリン子チエ】大阪女バズーカ砲 女は愛嬌!

こんにちは、カタツムリ系です 「じゃりン子」というのは「ガキンチョ」 くらいのニュアンスです。 念のため。 【目次】 由緒正しい大阪女! 作品紹介 汚そうな店構えが食欲をそそる 女は愛嬌、男は度胸 ちゃんと泣けるところも用意してあります 由緒正しい…