カタツムリ系@エンタメ・レビュー (ポップ・サイエンスはデフォルト)

映画・本・動画といったエンタメのレビューを友人に語りかけるように書きためています。映画は、おすすめポイントと大好きなカットに焦点。本や動画でポピュラーサイエンスやオカルトをエンタメとしてカバーしているのも特徴。

マルチ・バース

タモリ倶楽部的地味系マニアックさ😊 【電磁波とはなにか】

こんにちは、カタツムリ系です 「見えない波を見るために」なんて、サブタイトルで謳っています。だいたい、電気の波がイチイチ目に見えたら、うるさくて仕方ありませんまたまた、タモリ倶楽部的な、地味でマニアックなトピックの始まりです 電磁波とはなに…

【あっと驚く科学の数字】NAVERまとめ的宇宙と氷河期と太陽と

こんにちは、カタツムリ系です 科学の世界で、注目されているトピックに関する数字を集めたもの。宇宙全体のこともあれば、身近な?太陽もあれば、もうすぐやってくるかもしれない氷河期も対象に含まれます。 とは言え、こんな風に、エッジの効いた数字を並…

【ムーチューブとはUFOのこと】幻のUFO文書@アメリカ

こんにちは、カタツムリ系です 主な内容は、アインシュタインとオッペンハイマーとの間で交わされた書簡。しかも、その中に、UFOに触れた内容のものがあるようです。 2016年3月号 幻のUFO文書 アインシュタイン/オッペンハイマー書簡 MUTube(ムー チューブ…

【相対性理論の一世紀】レジェンドの黒歴史と栄光

こんにちは、カタツムリ系です もともとは月刊ムーから始まって、そのユーチューブ上の番組「ムーチューブ 」を楽しんだのかキッカケとして、関わり始めたトピック。いつまでも完全に理解することはなさそうですが、まぁ、奥の深いこと、深いこと 今回は「相…

【ムー的巨人伝説】○進撃の巨人 ✖︎読売ジャイアンツ

こんにちは、カタツムリ系です そうそう。巨人とか小人とか、大事な大事なトピックを忘れてました。 2015年9月号ということですから、その頃は「進撃の巨人」というアニメが大ヒットしていた頃らしく、メイン・スピーカーの三上編集長によれば、確信犯的に、…

【E=mc^2のからくり】北斗の拳✖︎ドラゴンボール✖︎アインシュタイン

こんにちは、カタツムリ系です 我ながら、あんまり分かっていないのに、こんなに読み進むことができるのは、不思議です。最近、雑誌ムーだけでなく、雑誌Newtonも読んでいて、微妙に理解度が上がっている点は、有難い副産物。 「雰囲気で」宇宙論や量子論を…

【真空のからくり】人類の目には「空っぽ」でも、内部には膨大なエネルギーの存在。宇宙の新しいミステリーとなった「真空」の今

こんにちは、カタツムリ系です 早速ですが、そもそも「真空」という言葉自体が曖昧らしいので、先に、本書での説明を強引に要約してみます 真空はもともと、何もないところと思われていた↓ でも、実は真空には、膨大なエネルギー含め、いろんなものが、うご…

【眠れなくなるほど面白い 物理の話】リニアモーターカーなど

こんにちは、カタツムリ系です 類書、言ってみれば、 物理学、という風に肩肘はらずに 身の回りのテクノロジーのすごさを楽しんで! という本は、そこそこ会ったことあります。あんまり、ピンときたことがありません。もちろん、私の理解力の問題でもあるの…

【Newton別冊 時間とは何か】タイムトラベルもトピックに!!

こんにちは、カタツムリ系です 「存在するというのは、どういうことか」 「認識するというのは、どういうことか」 などの問題意識と並んで 「時間とは、何か」 というのは、哲学でも、長らく議論されてきた、最重要トピックの一つ。 長らく哲学に任せっきり…

【Newton別冊 無(ゼロ)の科学】知ってトクするかも?!

こんにちは、カタツムリ系です 「無(ゼロ)の科学」とは、Newtonさんには珍しい、キャッチーなタイトル。 恐らくは内容をストレートにタイトルにされただけだと思います。ただ、やっぱり、内容にも期待でき、タイトルまでキャッチーだと、期待は高まります。 …

【ムーチューブ愛の方程式】奥の深いカオス。超常現象も「愛」です。

こんにちは、カタツムリ系です いやー、ムーチューブ と言いますか、月刊ムーは、なんと奥が深いことか!! 今回も「世界の謎と不思議に挑戦するスーパーミステリーマガジン」たる「月刊ムー」が、宇宙とオカルトの中心で、愛を叫びます 【目次】 小難しいけ…

【ホーキング博士の物理ジョーク】ちょっと、ちょっとだけ、アメリカン💦

こんにちは、カタツムリ系です 最近亡くなられたホーキング博士。 ホーキングとは - コトバンク 聞きかじりですが、彼には有名?なジョークがあるとか。人に話すと、決して誰も笑いませんが、へぇーと感心してくれます。 その共有を。なお、繰り返しますが、…

【Newton別冊 単位と法則】物理の憲法

こんにちは、カタツムリ系です またまた、Newtonさんの別冊。別冊って好きなんですよね。「フロク」とか「お楽しみ袋」的な感じあるので タイトルには全く愛嬌ありませんが、中身には愛嬌あります。 現代のスタンダードたる量子論(量子力学)だけでなく、それ…

【時空のからくり】重力の正体たる空間の歪み凹みが、光の動きも左右💦膨張する宇宙は原子分子の活動停止の分岐点「絶対温度」突入直前💦

こんにちは、カタツムリ系です かのアインシュタインは、時間と空間は一体なのだと証明してみせたようです。 そんなアインシュタインのロジックをポピュラーサイエンス風に解説してくれた丁寧なつくりの本です。 理屈をわかりやすくする目的で、紙面で実験を…

【安定のムー的月世界】月面着陸から五十年!!

こんにちは、カタツムリ系です 今年は人類が初めて月面に到着した年から半世紀の記念すべき年だとか。そう言えば、映画「ファーストマン」とか、ドラえもんの映画「のび太の月面探索記」あたりが上映されてますね。アメリカのNASAはもちろん、中国やインドも…

【時間とはなんだろう】進捗ダメ的ムー系宇宙。分かったような、分からないような💦

こんにちは、カタツムリ系です 「時間」が、この本のテーマ。こんなしんどいテーマに切り込むなんて、なんと大胆!! 時間とはなんだろう 最新物理学で探る「時」の正体 (ブルーバックス) 作者: 松浦壮 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/09/20 メディア…

【速報!!ムー的新元号】完成されたムー的世界観

こんにちは、カタツムリ系です イベント運営と言いますか、トークのメリハリ、トークの運営には定評ある、月刊ムーの三上編集長。ムーチューブのメイン・スピーカーでもあります。 しかし、今回のムーチューブは、珍しくちょっと危なっかしい滑り出し。 新元…

【アインシュタインの宇宙】マルチ・バース熱が下がりません

こんにちは、カタツムリ系です 自分の力量はさておき、マルチ・バースもしくは、その基盤である量子力学の知識を貪欲に得ようとしている私。 アインシュタインの宇宙 最新宇宙学と謎の「宇宙項」 (角川ソフィア文庫) 作者: 佐藤勝彦 出版社/メーカー: 角川学…

【物理学の世紀】ムー的宇宙。マルチ・バースの熱が下がりません

こんにちは、カタツムリ系です ムー的宇宙を読み進めていくと、個々の科学者の人間像にも光が当てられます。たとえば、「サイエンス・モンスター」アインシュタインも振り切ってますが、「人間」アインシュタインも強烈過ぎて、なんか、お腹いっぱいです。も…

【Newton別冊 宇宙論の新時代】マルチ・バース熱の続き

こんにちは、カタツムリ系です マルチ・バースに関する本も、それなりに読み進めてこれました。 本格的な計算も含めた勉強は時期尚早とは思うものの(今、着手したら100%挫折)、少し違った形で、深めたいと考えたもの。 そうなると、今までは邪道?!の月刊…

【量子力学のイデオロギー】 ムー的物理。マルチ・バース熱が下がりません

こんにちは、カタツムリ系です ムーチューブ によって、あったまった、マルチ・バースへの熱意はなかなか冷めません。 まだまだ、行きます。 とは言え、向かい合う本は、割に、真面目な本であることが多いので、常に苦戦することになります しかし、この本は…

【インフレーション宇宙論】ムー的宇宙。マルチ・バース熱が下がりません

こんにちは、カタツムリ系です 世は新元号のことで持ちきり?!それはそれとして、こちらでは、ムー的宇宙を極めていきます 正直、あんまり分かっていないくせに、どんどん読み進めてしまう経験はあまり、ありません。 でも、マルチ・バースというトピックは…

【宇宙は無数にあるのか】ムー的宇宙。マルチ・バース熱が下がりません

こんにちは、カタツムリ系です あきらかに月刊ムーと、ムーチューブに影響された私。 つい最新も、かなり集中的に月刊ムーさんと、ムーチューブさんをフォーカスしてしまいました 今回は新書。 しかし、比較的スリムな外見とは裏腹に、なかなか手強い。月刊…